来年の干支を大きな紙にかく席上揮毫が交流館一階で披露されました。

東日本大震災からの復興に思いを込め始まったのもので8回目をむかえます。

たっぷりと墨をつけて筆を走らせる姿は迫力満点、来館された方も‘‘前進”や‘‘佐原大好き”など好きな言葉をかきあげました。