世界の国からお国柄も垣間見える書道コーナー
イラストやコメント、本格的な隷書だったりと見ているだけで楽しくなります。
どの国の人が書き記してくれたか、わかりやすく館長が国旗シールを貼っています。