佐原町並み交流館は大正3年に建てられた煉瓦造の旧三菱銀行を拠点に 佐原の魅力をお伝えするため、ボランティアガイド・観光・イベントなど役立つ情報をご案内します。

東日本大震災からの復旧

正文堂・小堀屋・福新の瓦崩落の瞬間

2011.3.11 14:46
きめら駐車場

文化庁


佐原の町並み東日本大震災からの復旧

PDF:48.1MB(53P

東日本大震災からの復旧PDF:48.1MB(53P)

東日本大震災からの復旧PDF:48.1MB(53P)

WMFウォッチデイ佐原

復興状況

2013年調査時

1.正上醤油店(千葉県有形文化財1832年)

正上

店舗の屋根・下屋の瓦が崩落。躯体にも歪みが生じました。
工事に入ってから、梁がシロアリに食われており、強度が保てなかった事が解りました。
2階住宅部に雨漏り等が発生し、早急な復旧修理が必要でした


shoujyoutobira2011
袖蔵の開口部扉の造り全体が壁面から剥離するなど甚大な被害が発生しました。


shoujyouura2011
店舗に接続している母屋です、建具職人が棟梁を務め「からくり戸」や「さび壁」に特徴が見られました。
屋根瓦は、一部崩壊やズレがあり、傾いたため「からくり戸」も動きませんでした。


正上
扉は、壁面に固定しました、
以前のように動かすことはできません。


shoujyoumae2013

2013年


2.中村屋商店(千葉県有形文化財1855年)

kadomise2011
店舗は屋根瓦や内部壁等の一部損傷。
土蔵は、屋根全体破損、外部壁面漆喰もズレ落ちました。
なお、壁面は鉄板で覆われているため、損傷の程度は不明でしたが、内部に浸水が確認され、早急な復旧修理が必要でした。


kadomise2012
2012年度、土蔵屋根補修及び全面葺き替え、内壁の補修。
外壁鋼板は撤去し、土壁の復旧工事をしました。写真は、外壁仕上げ塗りをしています。


kadomise2013
佐原 中村屋商店
2013年、2年にわたる震災復旧工事から、工事シートが剥がされ白漆喰の壁が現れました。
3月中には、足場も取れて以前の景観に戻ります


3.旧油惣(千葉県有形文化財1900年)

2011abuso
奥の建物が店舗で、屋根・軒先鉢巻・建具が破損しました。
白壁の袖蔵は、1798年築、佐原最古の建物の可能性。屋根瓦や漆喰壁面の落下による人的被害もあるので、早急な復旧修理が必要でした。


2013abuso
いまだに、足場とシートが架けられてますが、平瓦は終了、棟が残ってます。工事の進捗が遅い建物です。


abuso
壁面は、こまいや麻縄などしっかりとした下地工事をおこなっています。


4.中村屋乾物店(千葉県有形文化財1855年)

kanbutu2011

店蔵造りの店舗は、大棟全体及び背面の屋根瓦等破損しました。
正面2階東側に大きな亀裂、1階下屋部の両脇にも亀裂と傾きが確認されました。
雨漏りや亀裂の拡大が懸念され、早急な復旧修理が必要でした。
また、この土蔵の後ろ側の文庫蔵にも壁面の亀裂や屋根瓦の損傷が確認されました。


kannbutuyane2012
店蔵の大棟、構造がよくわかります。
当初、背面の屋根の修理を予定したが、道路側の瓦もズレ落ちており、両面の全面葺き替え工事となりました。


kanbutukawara2012
階建て文庫蔵、屋根全面葺き替え工事です。
瓦は既成より小ぶりに特注品、重ねを多くとり重厚な屋根に仕上げます。
一枚ずつ銅線で縛り、釘で止めています。


kanbutu2013
2012年に修復修理完成。
屋根は全面葺き替え。 2階壁面亀裂と1階下屋部の亀裂は補修修理しました。
後ろの文庫蔵も、屋根は全面葺き替え、内部亀裂の塗り替え、雨戸等の取り換え工事完了しました。


5.正文堂(千葉県有形文化財1880年)

syoubundo
屋根・正面下屋の瓦崩落や側面鉢巻部・壁面の漆喰など大きく剥落しました。
雨漏りの発生、躯体にも影響あり、被害の拡大が懸念され、早急な復旧修理が必要でした。


shoubun2012omote
足場とシートが架かってますが正面壁は仕上がり扉は中塗り完成です。


shoubun2012waki
左側側面壁も仕上がり、3月中にはシートが取れるそうです。


6.小堀屋本店(千葉県有形文化財1900年)

koboriya2011-1
店舗の屋根と正面下屋の瓦が全部落下しました。
躯体に歪みが生じ、内部壁面に剥離やヒビなどの損傷しました。
営業不可能な状態で、このまま放置すれば、建物の破損や劣化を招き、早期な復旧修理の必要でした。


koboriya2012
写真、右側部に昔通り床を張り、座敷を作りました。
強度が保たれ、建物のバランスがよくなります。


koboriyakabe2012
厨房より奥にある土蔵は、屋根部に棟や瓦の落下、漆喰面は剥離や亀裂が入り、袴も崩落しました。


7.福新呉服店(千葉県有形文化財1895年)

fukusin
店舗は屋根・下屋の瓦が崩落、軒先鉢巻部と屋根ケラバ付近の漆喰が剥離しました。奥の土蔵は大棟屋根瓦が全体に落下、漆喰面は4面に亀裂や剥離が入っています。


fukusinhakkou2011
土壁の土づくりから始め、発酵させています。


fukusinkomai
奥の土蔵は、一部こまいを組んで土を塗っていきます。


fukusindozo
屋根下地補修及び全面葺き替え、壁面及びケラバ等の修理完了し、現在、住宅に使用されています。


fukusinshiage
奥の土蔵は、屋根下地補修及び全面葺き替え、壁面及びケラバ等の修理してあり、現在、仕上げ塗りをしています。


8.植田屋

ueda2011
小野川沿い、本宿側忠敬橋際の植田屋さんの土蔵です。屋根の棟・瓦が全体に崩落し、壁部にも亀裂が入ってます。


9.金利

kaneri
小野川沿い、新宿側の金利さんの土蔵です。
水郷佐原観光協会中央案内所の奥にある土蔵です。
屋根・ケラバ・壁と全体に崩落しています。
隣が駐車場なためよく目立つ建物で、重要な土蔵です。


toukai2011
佐原 小野川沿い
小野川沿い、新宿側「東海酒造」さんの建物です。
店舗、屋根の棟が崩落、門が倒れてしまいました。
(現在復旧済みです)


10.小野川沿い

kinkyu2011
旧近久旅館前、小野川護岸が崩れてしまいました。
(現在元の石積で復旧済みです。)


大高園

ootaka2011
香取街道、本宿側忠敬橋に近い大高園さんです。
屋根の棟・瓦が全体的に崩落しました。


紀之国屋

kinokuni2011
香取街道、新宿側、「紀之国屋」さん、陶器店です。
店舗、後ろの土蔵の屋根の一部崩落しました。
ケラバも崩れています。
(現在復旧済みです)

 

 

 

 

 

kinokuninaka
佐原 香取街道沿い
壁面にも、大きな亀裂や崩落が見られます。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.