100年以上前の姿を再現 「旧三菱銀行佐原支店」

【お知らせ】

※令和6年5月28~31日、6月17・18日

三菱館への入館を 一時休止させていただきます。※外観はご覧いただけます。

( 『香取・アート・タイム』(6/1~16開催アートイベント) 準備・片付けのため)

皆様にはご迷惑をおかけします。

よろしくお願いいたします。


【お知らせ】

※令和6年5月27日 三菱館 外観のみとなります。

(都合により三菱館への入館を一時休止させていただきます。)


一般公開は令和4年4月9日(土)午後1時より

入・退出は佐原町並み交流館内からになります。

県の有形文化財に指定されている三菱銀行佐原支店旧本館は、東日本大震災で建物にひびが入るなどしたため10年以上休館が続いていました。

 約2年9か月をかけて修復された建物は、100年以上前の建築当時の姿を再現するため、同じ資材と同じ工法にこだわったということです。

 今回は特に、工事前に失われていた暖炉や螺旋階段・真鍮製の営業カウンターなどが写真や設計図などから忠実に再現されていて、当時の銀行の雰囲気を味わうことができます。